発電事業の魅力

全量買取制度が2012年7月よりスタート

自家使用からの余剰分を売電していた時代から全量買取制度も選択できる時代に!
遊休地を利用したメガソーラーはもちろん、オフィスビルや商業施設、工場などの建物を利用して設置し、売電収入や環境貢献などの大きなメリットが見込めるため、さらなる普及拡大が予想されています。

修繕費予算で安価に施工が可能です!

各種規制・税制に対する優遇特典

経済産業省の「工場立地法」対策にも有効

敷地面積9,000m2以上もしくは建築面積3,000m2以上の工場を対象に、敷地に占める緑地面積を20%以上、かつ緑地を含め、噴水や運動場などの環境施設を25%以上確保することを促す法律です。工場の屋根に設置した太陽光発電施設の設置面積相当分は、「環境施設面積」として算入できます。

適用期間 2011年6月30日~2014年3月31日
対象者 ① 税額控除 中小企業者又は農業協同組合等に限る
② 特別償却 青色申告をしている法人または個人
内容 ① 税額控除 設備取得価格の7%相当額の税額控除
ただし、その税額控除がその事業年度の法人税額20%相当額を超える場合には、その20%相当額が限度となる。
② 税額控除
1. 普通償却に加えて取得額の30%相当額までの償却
2. 取得価格の全額を償却(100%償却、即時償却)
適用期間内に取得して、その日から1年以内に操業した場合、それまでの日を含んで特別償却可能。
適用期間 「買取制度の認定有り」かつ「10Kw以上」
(2012年5月29日~2013年3月31日に設備を取得)

災害時の電力確保

今の産業界では自然災害など、いつ発生するかわからない緊急事態に直面した場合でも、事業の早期全面復旧が求められる状況となっております。自らの施設内で電力を創る太陽光発電システムは、事業の早期復旧に不可欠な設備です。
自立運転型の太陽光発電システムでは通常は自家発電システムとして使用し、停電などの場合は、太陽光発電を非常用の特定設備だけに供給も可能です。

災害時の電力確保

〒105-0023 東京都港区芝浦一丁目12番3号 Daiwa芝浦ビル4階
TEL:03-3457-6258(受付時間/9:00~17:00)