事業紹介

新エネルギー事業

~地球環境と共生するエネルギーを追究~

時代は、省エネから創エネへと移りゆくエネルギーの変革期に入っています。
新エネルギー部門では太陽光発電システム、燃料電池システム、高効率給湯器など一般家庭から事業施設まで、省エネ機器と創エネ機器でCO2削減と豊かなくらしを提案します。また、ハイブリッドカー、電気自動車、燃料電池車などに適応したインフラ事業にも目を向け、本格普及に向けての準備を進めていきます。

 

■ 家庭用エネルギー

本格普及が始まった家庭用燃料電池エネファーム、無限といわれる太陽光エネルギーを利用した太陽光発電システムの創エネ機器は、家庭で使用する電気とお湯を創り出します。将来的には、定置型蓄電池と組み合わせることにより、家庭で使用するエネルギー全てをその場所で創る自立型住宅の建設も期待されています。

 

●家庭用太陽光発電システム


太陽光は資源の少ない日本にとって大変有効なエネルギーです。家庭で使用する電力の負担を軽減し、留守などで電気を使用していないときは電力会社に買い取ってもらう。環境にも経済的にも優しいエネルギーです。

家庭用太陽光発電システム

 

●エネファーム(家庭用燃料電池)


燃料から水素を取り出し、酸素との化学反応を利用して発電します。またその熱を利用してお湯を創り生活用水として利用することができます。家庭用燃料電池のエネルギー効率は火力発電所に比べると約2倍の70~80%でありCO2削減にもつながる環境に優しいシステムです。

エネファーム(家庭用燃料電池)
 

●エコフィール(高効率灯油給湯器)


●エコジョーズ(高効率ガス給湯器)


ガス、灯油を燃料とした潜熱回収型給湯機。排熱を利用することでエネルギー効率を約95%に高め(従来機器よりも12%(10年前比)向上)、燃料使用量の節約とCO2排出量を削減することができます。

エコフィール(高効率灯油給湯器)
 

■ 産業用エネルギー

CO2削減と省エネに対応したシステムを取り扱っています。新エネルギーと環境商品の販売を通じて、来たる低炭素社会に向けて総合エネルギー商社を目指していきます。

 

●産業用太陽光発電システム


環境に対して、年間発電量から二酸化炭素削減量、石油削減量など具体的なエネルギーの削減効果を示すことができ、電力使用量の削減と余剰電力の売電による経済効果も合わせて得ることができます。

産業用太陽光発電システム
屋根に太陽光パネルを設置したサービスステーション
 

●GHP(ガスヒートポンプ空調システム)


ガスエンジンを使用しコンプレッサーを駆動するエアコンシステムです。電気エアコン使用時よりも大幅に電力使用量削減を可能にします。そのため、夏場の電力使用量を軽減し、契約電力の抑制とコスト削減につながります。

GHP(ガスヒートポンプ空調システム)