事業紹介

スマート・アグリ・システム

多岐にわたる再生可能エネルギーを用いてランニングコストや人手をカバー

日新商事が提案するスマート・アグリ・システムは、太陽光をはじめとする再生可能エネルギーにより熱や電気を供給し燃料や電気のコストを削減するとともに、二酸化炭素の排出を抑えるクリーンエネルギーシステムです。

付加価値の高い設備

長年にわたりエネルギーを供給してきた強みを活かして、ハイブリッドパネルやガスボイラー、蓄電池等の効率的なエネルギー供給システムをご提供いたします。また、高品質多収量を実現できるよう、ハウス設備の被覆材や特殊不織布等の農業資材、光合成活性化の為のCO2発生装置、自動潅水システム等々、スマート・アグリ・システム全体をコーディネートいたします。

いちご高設栽培における導入モデルケース

当社は農事組合法人成田ガイヤ様が運営するガイヤファーム(旧 横田ファーム)において、スマート・アグリ・システムを利用した、いちごの高設栽培実証実験を実施しております。太陽光エネルギーを活用した施設では、ハイブリッドパネルで発電と給油が同時に実現できます。発電された電気エネルギーは蓄電し、照明や空調設備に電力を供給し、熱エネルギーで温められた不凍液は貯湯タンクにお湯を貯め、培地加温を行います。ハウス内には、当社の取り扱う明涼®やぬくぬく®が展張され、苗に沿って這わせたホースからはCO2を直接取り入れ光合成を活性化させるなど、随所に工夫が溢れております。


配置図

①貯湯タンク

②ガスボイラー

③ハイブリッドパネル

④蓄電池

⑤CO2発生装置

⑥自動潅水システム

⑦逆浸透膜装置

⑧明涼®、ぬくぬく®

⑨ハウス内供給システム