太陽光マンション

太陽光マンションプロジェクト始動!

国の補助金制度概要

マンションでクリーンなエネルギーを生み出す。住まう人が誇れるマンションへ。これが今後のマンションの理想像です。

マンションへの導入に対し、国の助成金・優遇税制が適用され、導入後も電力の買取を保証される制度が開始。環境にやさしいエコマンションとして入居者様へのイメージアップにつながることになります。不動産の資産運用に太陽光発電を組み込むことで、太陽光発電自体の売電により収益をもたらし、環境にも貢献。オーナー様にも、入居者様にもとても有益な投資対象となってきました。

当社にてマンション経営における太陽光発電の導入サポートを実施しております。ぜひご相談ください。

国の補助金制度概要

太陽光マンションに国からの支援開始!

マンションにお得な売電制度が適用

発電で余った電気は約2倍の価格での買取りが開始。(10kw未満)
共有部分に連系し昼間の電気使用が少ない場合は、売電が増え運営コストが削減。入居者宅に連系すると電気
を売ったお金が入居者へ還元され競争力のある物件に。
有利な賃料設定と空室リスクの軽減が見込めます。

マンションも住宅用の補助対象に

平成22年度より、集合住宅を所有する個人事業主様、法人様も国の住宅用補助金の適用が開始。
一般家庭用と同様に、マンションに設置される場合も10kw未満であれば7万円/kwが補助されます。
自治体の補助金も併用でき、初期費用が軽減されます。

設置量が大きいと産業用の補助対象に

太陽光の設置量が大きい場合(10kw以上)、住宅用補助金とは別に国の各省庁より産業用設備として大きな補助がマンションにも適用されています。
22年度の例では、経産省より最大で50%助成される制度が出ていますが、適用は条件と時期によりますので別途お問い合わせください。

税制面の優遇が受けられます

太陽光発電導入により、国や自治体より事業主様に税制面の優遇政策があります。
事業所得から免税や、特別な減価償却が適用されるなど、節税対策としても会計上のメリットがでてきます。
所有状況、時期にもよりますので詳細はぜひご相談ください。

集合住宅導入メリット参考事例

共有部分に導入(共有部連系)

運営コスト削減が図れます。

小規模なアパートに初期費用600万円で10kw弱のシステムを設置し、国、自治体より補助金を150万円調達できると、実質負担450万円となります。日中は通常共有部の電灯の使用は少なく、売電が多くなれば経済メリットが大きく増えます。
電気代削減分と売電分を含めた年間メリット45万円とすると、投資利回り約10%となるイメージです。特別な減価償却が適用されば、課税所得を圧縮でき節税効果がでてきます。

入居者宅部分に導入(戸別連系)

稼働率の向上が図れます。

20戸の中規模マンションで年間満室時の家賃収入がマンション全体で2000万円、通常で入居率90%の場合、各入居者宅に太陽光発電導入後、満室となれば、年間メリット200万円と考えられます。
(このシステムは入居者宅に直接経済メリットがあるので、入居待ちの事例も出てきています)
初期費用を2000万円とすると投資利回り約10%となるイメージです。このメリットに加え、別途産業用の補助金と特別な減価償却が併せて適用されるケースもあります。

これはあくまで数値をシンプルにした参考イメージとなります。実際のシュミレーションは申請時期や物件状況、地域によっても異なりますが、建物の耐用年数内で太陽光発電の設備費用も回収できて、環境にもやさしく、住人の電気代や運営コスト削減にも貢献できるというわけです。
ようやくオーナー様にも、入居者様にもとても有益な設備投資となってきました。是非、賃貸住宅にも設置を検討されてみてはいかがでしょうか?ご相談お待ちしております。

戸別連系システム導入イメージ

クリックすると拡大してご覧頂けます。


〒105-0023 東京都港区芝浦一丁目12番3号 Daiwa芝浦ビル4階
TEL:03-3457-6258(受付時間/9:00~17:00)